FC2ブログ

釣り人ブルース

いつも月夜に米の飯

久しぶり





船に給油へ行きました。
JODY号Ⅱのガソリンタンクは、時代遅れの70L。
とりあえず、60L給油しました。
ややガソリンも安くなってきましたが、それでも8千円がとびました。
明日から連休、どちらかは海に出たいものです。
エンジンを始動しますが、1発でかかります。
何か一安心しました。
このバッテリーも、前回の交換は何時だったか?
まあ、高価な物ですから、大丈夫ならばしばらく使いましょう。
寒い時期は、こんな事ばかり考えてしまいます。
少し向こうの、最近係留始めた船長と話が出来ました。
船をほったらかしにしている人も多いですが、
この人もエンジンを始動に来たみたい。
久しぶりに、2ストロークのエンジン音を聞きました。


スポンサーサイト
  1. 2015/01/31(土) 12:05:39|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬に





「何のために、エンジンを新調したの?」
「・・・」
嫁さんにそう言われ、船を出しました。
そんなに気乗りしていなかったので、お昼には帰港。
ホゴが数匹の釣果なので、完全にガソリンの無駄使いです。
実は頭の中は、住宅ローンの事でいっぱいに。
史上最低金利とは、あまり実感はありませんでした。
まあ、少し動いてみましょう。
冬場に海エビを持って、「根の魚」を狙うのは初めてでした。
これも経験が必要なようです。
ポイントも夏場とは真逆でした。
「現場100回」を実感します。



  1. 2015/02/03(火) 10:43:43|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬の夜





去年の正月に特売品で買ったエサ箱が、新品のままです。
普段このサイズだと、1千円以上はするでしょう。
200円だったので、2個買って帰りました。
これを使用しないという事は、キス釣りに行っていないのか。
船で沖の島々へ行くと、3月にはシーズンイン。
昔は好んで出かけたものです。
この頃、休みのたびにシケ。
なかなか、思うように釣りには行けません。
まあ、自分のペースで出かけましょう。
酒を舐めながらの、仕掛け作りも楽しいですね。



  1. 2015/02/12(木) 09:37:18|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休





明日は船釣りの予定、ひろし君も誘いました。
お天気はどうだろう?
心配はその一点、かなり沖の島を目指すつもりです。
予備のエサとして、ゴカイも購入。
厭きてきたら、キス釣りも楽しみましょう。
午前中は風が出そう、遠征は昼からになるかも知れません。
お弁当は・・・
だんだんと食が細くなっていますが、塩シャケも買って来ました。
良い釣りになって欲しいものです・・



  1. 2015/02/14(土) 15:38:08|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春に向けて





魚島遠征は惨敗でした。
しばらくは、この海域には行きたくありません。
延々と何時間もアタリの無い乾いた釣り、それは自業自得でしょう。
何度も遭難しそうになった怖い海ですが、
やはり鬼門なのかな?
悲しい海でした。
行き帰りとも4千回転で航行、かなり燃費を抑えました。
メーカーの説明では中速までで我慢すると、
約40パーセントの燃料節減とか。
いつも予備のガソリンを40L持って行っていますが、
今回は20Lの追加給油ですみました。
かったるいですが、魚も釣れないので節約ですね。
キャビンのジュース類も、買い足さねばなりません。
春に向けでです。

  1. 2015/02/17(火) 07:27:34|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕掛け





昨日は暇だったので、釣具屋を廻りました。
魚島の鯛釣りの惨敗は、それなりに原因究明を。
他船を見ていると、やはりチョグリ仕掛けが多いか。
サビキの2連・3連の釣り人も見かけました。
確かに、可能性は高まるのかな?
解りまへん~!
少しづつ巻き上げ、広いタナを探っている人も。
重いオモリでズドンと底をとっている人も。
トローリングのように竿を2本出して、ゆっくり動かしている人も。
釣れている自分ならば、全然気にしませんでした。
漁師でないので、そんなに魚が大量に欲しいわけでもありません。
けれど、完全ボウズはあんまりだな!!



  1. 2015/02/18(水) 10:14:22|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引っ越し





ほぼ同業者のFさんが、船屋漁港へ引っ越して行ってしまいました。
お休みも同じ月曜日、以前からの顔見知りです。
私の母港で稼働している船長は僅か、
特に冬場は数隻しか動きません。
下の方の船長たちとはあまり交流がありませんので、
生の情報もほとんど無し。
近くには引っ越して行った船のロープが数本ありますが、
元気のいい人に移って来て欲しいもの。
台風の時なども、見回りに来る人も僅かです。
船屋漁港には、何度も引っ越しを考えました。
干潮の時に、出入り出来のは魅力です。
けれど、なかなか躊躇いも。
台風の時の大波に驚いたのもありますが、人間関係もややこしそう。
まあ、不便はありますが、今の母港で頑張りましょう。
早く港湾整備される事を祈っています。


  1. 2015/02/25(水) 08:38:53|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

習慣





今までキス釣りは、ストリンガー付きの船竿とタナセンサーの組み合わせでした。
去年、エギングでPE0,6号をスピニングに張りました。
これは、キス釣りに転用出来そうだな・・・
やってみますが、まだまだしっくりとしない感じ。
スピンニングだと、ストリンガー付きの船竿も使い辛いので
餌木ロットで代用してみます。
昔から左でリールを巻くクセがついており、変だ!と指摘されていました。
これのリハベリも兼ねているような。
長い時間、変な習慣がついているので、苦労します。
けれどPE0,6号だと、「落ち」は格段に速いか。
もう少しキスの盛期になれば、かなり練習できるでしょう。
最近、3月のキス釣りはやっていません。
昔は比岐島北や九十九島・横島に、ドンと来た感じ。
「ひじたたき」は少なくなりましたね~



  1. 2015/03/05(木) 10:05:11|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ブロック





足腰が弱って来たのか、少しの段差がしんどくなっています。
昔なら、ひょいと上がれたもの~
母港のブロックを1段足したのは、1月でした。
この上の段差も、最近は足が上がりにくく。
船釣り帰りは、疲れているせいかな!
ジジイだな~
ボヤイテいてもしょうがないので、上部にもブロックを買って来ねばなりません。
潮が引くと、今の母港は何かと面倒。
春先は海苔もびっしり付いて、ツルツル滑ります。
ケガこそありませんが、携帯はよく壊しました。
船釣りは3月はまだ狙う魚がいますが、4月は苦手な季節。
昔ならば、荒磯の石鯛釣りの好機でした・・・



  1. 2015/03/12(木) 08:46:54|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ご縁





近所の奥さんが急死したそうです。
この方とは30年来の知り合い、ビックリしました。
お魚好きで近所の魚屋で、よく顔を合わせていたな~
キスが特に好きらしく、それを知ってから船釣りで釣っては持って行っていました。
喜んでくれましたが・・・
倒れて、救急車の中で亡くなったそう。
他人の私もそうですが、娘さんもまだ実感がないようです。
最近、キスもあまり釣れず、持って行けていません。
そうと解っていればな~
お魚がご縁の方が、また一人いなくなりました。


  1. 2015/03/21(土) 09:19:55|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もうすぐ





00島海域の真鯛が釣れているそうですね。
声をかけていただいた皆様、どうも有難う。
残念ながら、自分の中ではあの釣りは今年は終わっています。
また来年に「捲土重来」でしょう。
ヒマさえあれば、自船に行くようにしています。
新しい556も、買って行かねばなりません。
夏用のジュース類は、昔は箱買いを。
でも1ヶ月もたずに、変な味になってしまいます。
ビール類も同様、キャビン内の環境はかなり過酷なのでしょう。
5月の連休明けには、根の魚の調査をせねば。
今年のメインの針とハリスを準備。
どういう仕掛けで行こうかな!


  1. 2015/03/27(金) 08:53:31|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

座礁





昨日は「昼から船を出せれば!」と思っていましたが、
生憎の荒天でした。
午前中は、船の中でゴソゴソ過ごします。
不用品がいっぱいあり、作り忘れた仕掛け類が散乱。
ビックリするほど古い物も。
キャビンの中はかなり厳しい環境、リールなどもすぐにボロボロになります。
数年前から近くに係留している船が、岩場に乗り上げていました。
エンジンのチルドアップも忘れており、数日で転覆の恐れあり。
船長は数回見かけましたが、連絡先も分かりません。
どなたか知っている人がおれば、連絡をお願いします。
あまり見たい光景ではありませんね。
こんな不便な母港ですが、雨が続くとかなり塩分濃度が下がります。
舐めてみると、ほとんど真水か、河口ならではでしょう。
おかげで、カキ類の付着はなし。
エンジンを始動させると、「水洗い」となります。
補機も快調に始動していました。



続きを読む
  1. 2015/04/14(火) 08:27:06|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春なのに





仕事がヒマなので、干潟へ行ってみました。
ボケやテジロは簡単だったはず・・
ところが、ゴカイすらいません。
カニもほとんど見えず、この海はどうなっているの?
ボチボチ掘っていると、通りがかりの人に声をかけられます。
「やめとけ、何にもいないだろう!」
「・・・」
大雨の後は、こういう感じになるそうです。
加茂川河口へも行ってみますが、ほぼ同じ状態でした。
海浜生物が活発に動くと、多くの鳥も飛び交います。
鴨も少なくなったな~
春なのにね!



  1. 2015/04/16(木) 10:55:05|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漁師飯し






この頃、月曜日のたびに天気が悪く、なかなか船を出せません。
給油もせねんばなりませんが、これは潮の高い時の方が。
犬の散歩を兼ねて、また行きましょう。
ボロボロの、「飯炊き機」もキャビンから出て来ました。
船を持って数年間は、いつも沖で「漁師飯し」を炊いたもの。
刺身やお漬物も作成し、船上は宴会状態。
いつも誰かを誘っていましたが、底物釣りの反動だったのかも。
それが何時の間にか「ランチジャー弁当」に変わり、現在にいたっています。
炊きこみご飯の具材は、ほぼ現地で調達していました。
メバルが最高でしたが、ほとんどがホゴだったか。
キスでも炊いた事もありあした。
食べている間に、周りがウロコでキラキラしていたのも一興でしょう。
(来島海峡にて)


  1. 2015/04/22(水) 08:25:43|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉手箱





毎夜、酒を舐めながらの仕掛け作りが楽しみに。
一度整理をしなければ!
自船のキャビン内、を整理していました。
運悪く干潮時、海苔だらけの畳岩に滑って転びました。
ズボンはドロドロ、お尻と右足はジンジン痛みます。
どんくさくなったな・・・
まあ、歳なので気をつけねばなりません。
ところで船の仕掛けですが、まるで玉手箱でした。
もう10年前の、「ハマチ仕掛け」や「来島海峡仕掛け」も。
根の魚のも、当時のとは考え方が違います。
手直ししたい仕掛けが、目白押しです。
楽しみが増えていきました。


  1. 2015/04/23(木) 07:37:26|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月日





仕掛けのリニューアルを続けていますが、楽しくてしょうがありません。
昔は、こんな考えをしていたんだ・・・
平成20年頃から、徐々に変わっています。
あの頃は、1,5~2,5号ハリスが主流、4号以上はほとんどありませんでした。
来島海峡での仕掛けは、2ヒロハリスの3本針。
これだけは4~5号です。
細ハリスは冬場のメバル釣り用か?、川エビなど自分で獲っていました。
ソイ釣りも好きで、寒いのによく行ったものです。
自分なりに考えていたのでしょうが、ハリスの長さもまちまちに。
今の「夏場の根の魚仕掛け」のルーツは、磯のホゴ釣りでした。
大昔の仕掛けを触っていると、昔の自分が蘇ってきます。
(写真、平成20年頃JODY号)



  1. 2015/04/24(金) 14:10:10|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネジ





キチンとキス釣りをしていないな~!
今でも落ち着く好きな釣りですが、釣行がやはり減っています。
昔は友人たちを誘い、賑やかに行っていました。
必ず誰かには、30cm近い大型が釣れたもの。
「肘たたき」などは、近頃は夢となっています。
アジ・メバルも美味しいのですが、やはり好きなのはキス・ホゴ。
キス釣り仕掛けの整理もしていますが、
現在使っているのは平成18年頃の作成。
回数を行かなくなっているので、仕掛けの消耗も僅か。
この分では、生涯分ありそうです。
自分にネジを巻かねば・・・
(平市島、ひろし君)


  1. 2015/04/30(木) 13:33:15|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キス釣り





K君から船釣りのお誘いがあり、港へ給油へ行きました。
キス釣りがしたいとか、根の魚でなくて良いのかな?
エンジンも始動させてみます。
主機も子機も絶好調、後は天気ですね。
そういえば、甲板もずいぶんと汚れているな~
ボウズリが折れてしまい、手を抜いていました。
100均で買って来たおもちゃのような奴でズリズリと、
まあ、少しは違うようです。
また失敗を、夏用のスリッパでしたので、ブヨブヨになっています。
学ばないものだ・・
長く556も切れていますが、これもいつも忘れます。
カゴに入れておかねばなりません。



  1. 2015/05/07(木) 11:33:45|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀糸





船を掃除していると、使いかけのサビキ仕掛けが多数出てきました。
錆びているのもありますが、とりあえず持ち帰ります。
使えそうな針を抜粋して、皮の補強も。
金糸・銀糸を使用して、派手に仕上げます。
これも良し悪しがあると思いますが、こうしないと皮がとびます。
それにしても廃棄したサビキは、2009年のもありました。
こうした釣りも最近はご無沙汰、メバルに夢中になっていた頃の物。
そういえば、川釣りで夕方の「ハヤ釣り」の毛バリも作っていた事も。
中学生の頃だったかな・・・
あの時は、鳥の羽などを利用していました。
手先を動かすのは、昔から好きだったようです。


  1. 2015/05/09(土) 04:56:45|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

景色





東風を避けながらのキス釣りをと、久しぶりに「新居浜大島」へ行きました。
ここに最初に来たのは海水浴、高校生の頃です。
ワイダ浜?、港に送迎用のマイクロバスが来ていました。
その後、数回来たのはキス釣りの陸っぱり。
小型が数釣れた記憶も、フェリー乗り場の横でした。
マリンパークの真ん前、あそこに船を停泊させている人は便利だな~
よそ者の私は羨ましいかも。
それにしても、大島を海上から見ていると、懐かしい気分。
いつも、「黒島海浜公園」から見ている景色です。
アンジーが大喜びで走り回っていたな・・・
犬の事ばかり考えていました。



  1. 2015/05/12(火) 09:54:22|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月





そろそろサバの季節だな~
昔は決まって、「沖の瀬」に出ていました。
50cmもあるような大サバが釣れ、飽きたらキス釣りへ。
難しい釣りでもなく、誰でも出来ます。
サバの皮を剥いでガラスに貼り付けておけば、サビキに使えます。
究極のリサイクルかも・・・
これの刺身は大好物、冷やした日本酒にピッタリか。
噛みしめると良いお味です。
そういえば昔、上物で沖ノ島へ行った時も大サバが釣れました。
船頭にプレゼントすると、スイカを割ったように破顔。
あの頃から「清水サバ」と言っていたの?
サバは、私はどこの産地でもあまり味の違いを感じません。
要は鮮度でしょうか。


  1. 2015/05/14(木) 09:31:41|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強度





長く石鯛釣りをしていましたが、道糸は途中から22号でした。
廉価な道糸でもこれだけあれば、力負けはそうなし。
それこそ、20号と22号では大違いだったかも。
当時、上物のベテランに尋ねた事がありました。
ハリスは何処のメーカーが良いですか?
当時はナイロンよりもカーボンが流行っていた時代、
今もでしょうか?
「4号以上は、あまり変わらんと思うよ!」
昔から冬場のグレ釣りは、ほとんどハリスはシーガーでした。
昔は3号、今はもう少し落としています。
シーガーも、いろんな種類が発売されました。
最初はエース、フォース、グランド・マックス
特性は違うのでしょうが、真っ直ぐに引っ張る強度は、あまり違いは無いような。

船で夏場の根の魚を狙い始めて、ハッキリとはもう5~6年が経ちます。
それまでのハリスの概念が、かなり変化しています。
4号も5号も、大型魚は関係なく飛ばされました。
ここ3年、狙うポイントも固定されました。
竿の長さ、仕掛け、多少のクッション・・・
また今年も、テーマを持って挑戦です。


  1. 2015/05/16(土) 07:22:06|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カブラ針






平成11年頃作成の「カブラ仕掛け」が、多数出てきました。
あの頃は、磯周りのメバル釣りに夢中に。
「飛ばし浮き」なども多用して、かなり釣果があったような。
いつしか、面倒になり止めております。
それでもたまに比岐島などに行って、飛ばし浮きを投げる事も。
それはそれで、楽しいな~とも。
まあ、自分の感覚に任せましょう。
家でせっせと仕掛けのリメークも、かなり傷んではいます。
高知の古い釣具屋で、昔の「土佐カブラ針」も結構な数を購入。
石鯛釣りの途中で、見つけては立ち寄っていました。
かなり面白い造りの作も、瀬戸内海ではいない魚を狙っていたのか?
昔の針ですが、今でも現役復帰できそうです。



  1. 2015/05/21(木) 07:47:31|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

満潮





係留地もかなり緑が深くなってきました。
あれほど綺麗に咲いていたツツジも終わり、名前の知らない赤い花が咲いています。
水路から水路わ回っていくと、約30分の散歩コースです。
アサヒビールの四国工場とビアホールもあり。
行くには至極便利な立地ですが、不思議にそう足が向きません。
ここ10年で、5回とは行っていないでしょう。
以前は、船に箱で缶ビールを積んでいました。
キャビンの中の環境は過酷なのか、すぐに変な味に変わります。
言い訳にして、1日で完飲した事もあり。
今では、とても出来ないでしょう。
この散歩コースは犬が多いですが、アンジーもお気に入り。
不思議に潮が高い時が落ち着きます。
ここへ行くのも、満潮が多いのが不思議です。


  1. 2015/05/26(火) 09:19:24|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

性能





長く使っているGPS魚探の画像が、かなり見えなくくなっています。
接触の具合によりますが、画像の端が黒ずんで見えません。
ドーナッツのようになっており、まあ使えない事もなし。
このGPS魚探は旧JODY号の頃からですから、
もう10年は使っているでしょう。
当時は液晶が出始めて、こういうのは画期的でした。
それまでのブラウン管では電気の消費がかなりあり、
バッテリーに負担が多かったと思います。
GPSが無かった頃は霧や大雨の時が悲惨で、磁石を頼りに航海。
普通の釣行が、「冒険」のようにもなっていました。
高機能で、安い価格の新製品も出ているようです。
そそられるな~
そろそろ寿命化も知れませんが、経済的理由から長生きして欲しいもの。
まあ、ここまで付き合ったのですから、とことんいきましょう。



  1. 2015/05/27(水) 07:41:11|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月





6月になれば、「沖の瀬」でアジが始まります。
今年のサビキは、かなり賑やかに仕上げました。
人間から見ると派手ですが、海の中では違うのかも。
サバ皮は白とラメも用意。
こういうキラキラ仕様では、太刀魚も反応しそうです。
何の釣りも一緒でしょうが、この釣りも「夜明け」が一番みたいです。
暗いうちに沖に出て、アジ釣りを。
日が高く昇るとキス釣りをして、飽きたら帰る。
家でカーッと、冷たいビールを飲んで昼寝。
昔はそういうシンプルな釣りでした。
私の船釣り入門編、でも今でも好きですね。


  1. 2015/05/28(木) 09:28:19|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

作成





カブラと並行して、サビキも作成しています。
メバル・アジ対応や魚島バージョン。
サバ皮とハギ皮の、効能はよく解りません。
実釣を通して、何となく感じていくものかも知れませんね。
サビキは5cmと7cmの長さを、知らぬ間に段々と長くなります。
実際のイカナゴは10cmほどあるので、長くても大丈夫とも。
不思議に、オレンジやピンクには真鯛がくるようです。
針の号数、ハリスなどのバランスもあるのでしょう。
近頃はあまりこの釣りをしていません。
針を結ぶのも数年ふりか、魚島で鯛が釣れないのも当たり前か。
作り始めると止まりませんが、作りすぎても齟齬が。
でも性に合っているのか、楽しいな~



  1. 2015/05/30(土) 09:13:48|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カブラ





市販の「カブラ仕掛け」では、ハリスは10cm程しかありません。
針自体がかなり動くので、絡み防止なのでしょうか。
自作では20cm程になりましたが、また齟齬があるのやらも。
やはり釣りながら、試行錯誤なのでしょう。
色の配置なども、自分に法則が出来るまで待つしかありません。
グリーンが主役で白は下、赤は上にしていましたが、また変化するでしょう。
ともかく、一つに反応すれば鈴なりに成る釣り。
はまれば、ぞくぞくした楽しさも。
そういえば昔、磯釣りで試した事もありました。
ヤッカンの「北の船着き」で試しましたが、何も反応しなかったような。
遠い昔ですので、記憶は曖昧です。
三浦半島など、いかにもこの仕掛けが有効な海岸が続いていますね。


  1. 2015/06/02(火) 08:13:01|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

港で





母港の数隻向こうの船が、数日前から転覆。
油は浮いていないので、夜の間の出来事でしょう。
係留が不安定で、かなり細いロープでした。
何度も干潮時、石畳の上に座っていました。
船長とは一度、港で会い少し話をした事があり。
もっと、手前ではなくて奥へ!
アドバイスしたつもりでしたが、こうなるとは残念。
この係留地は自己責任の場、誰にも文句は言えません。
ただ、両サイドの人との挨拶などは最低限のルール・マナーかも。
知らず知らずのうちに、迷惑はかけています。
こうした自船を見るのは、ショックでしょうね・・・
けれど早く処理してくれなければ、皆の迷惑になります。
韓国や中国の事故を思い出しますが、大型船だとさぞ大変でしょう。
このクラスの船でもレッカーが必要か。
どうするのかな?


続きを読む
  1. 2015/06/09(火) 08:18:07|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一文字





もうすぐ、沖に一文字も出来きて、船溜まりも。
そういう話を聞いて、もう10年になります。
確かに一つだけは堤防が、護岸工事も終わりました。
次はいよいよ、新しい漁港の建設か?
市長が変わった影響か、東予港の整備が先になるよう。
少しガッカリしました。
この前、沖に出ると舟屋漁港の沖に一文字が。
今治造船の拡張工事もしているので、そちらの工事を優先したのかな?
私の住んでいる市の堤防は、ほとんど干潮で底が出てしまいます。
大型魚はいつくないか・・・
伊予三島や豊貝のように、沖に堤防が出来ると渡船業者も現れるかも。
また、夜釣りの楽しさが出来るやも知れません。


  1. 2015/06/12(金) 07:57:53|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやく





近くで転覆していたボートが、ようやく回収されました。
放置されて約一か月、隣の人は安堵したでしょう。
エンジン込みでは約1tくらいか、レッカーが必要。
金額もかなりになるはずです。
母港へ行くのは習慣となっていますが、昔はもっと転覆する船が多かったような。
台風後には2,3隻ひっくり返っていました。
大体、長く港に来ない人の船のよう。
実働している船は1/3もありません。
私の船のお隣さんも一人は病気以降あまり沖へ出なくなり、
一人は今治へ船を移しました。
そのお隣に1隻係留しましたが、その人は港で出会っても頭も下げません。
係留するアンカーも他人のに勝手に繋いでおり、
それをお隣のT氏は気がついているのかな?
出港する船も少なく、情報もあまりなし。
愉快な母港ではなくなっています。
(写真 平市島)


  1. 2015/07/10(金) 15:44:07|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

漂流





台風が通過、母港へ行ってみました。
転覆こそありませんが、数隻が漂流しています。
潮が引くと下の捨石に乗り上げ、転覆するでしょう。
下のディーゼル船は、「新風丸」とありました。
もしこのネットを見て心当たりのある方は、対処をお願いします。
数隻が巻きこまれるやも知れません。
流れ出しそうな船も2席あり、これも連絡先が解りません。
半ば、放置している船でしょうか。
テントがボロボロに破れている船もあり、風の強さを感じます。
JODY号Ⅱは幸い無事でした。
しかし、外洋は茶色い海、濁りがとれるのは数日かかるでしょう。
そして、嫌というほど暑くなるのでしょうね。



続きを読む
  1. 2015/07/17(金) 09:14:53|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20f





「良い船ですよ!」
最初に買った船は、20f・40馬力セットの船でした。
エンジンは2ストローク、引きロープがついており、バッテリーがあがっても平気。
長く乗って下さい!
たまたま居あわせたメーカーの人に、そう言われました。
余力のある人は、次々に船を大きくする。
エンジンも高馬力を選択、機能性も持たせる。
けれど、やはりこれくらいの大きさが、釣りやすいし経済的との事でした。
船を持ち、もう20年近くがきます。
瀬戸内海の波の波長は、確かに23fくらいが丁度いいかも。
多少波けが出ても安心です。
JODY号Ⅱにしたきっかけは、魚島での転覆ギリギリの事象でした。
けど最近は、20fの目線の高さが、妙に懐かしい気もします。
仕事をリタイヤすると、経済的にも苦しいかも。
「JODY号はまだ健在なのかな・・・」
各港に行っては、目で捜してしまいます。



  1. 2015/07/23(木) 07:32:45|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

観光センター

uoau.jpg



瀬戸内海の孤島 魚島唯一の宿泊施設が、魚島観光センターです。HPには、1人1泊4,200円
素泊まり料金です。夕食及び朝食は相談に応じますと書かれています。島には、飲食店どころか、商店もありませんので、1泊2食付きでお願いしました。7000円です。港からは歩いて1分。海から見ると左手にあります。夕食は、島で取れた魚がメインです。料理旅館のように、小鉢や小皿がいっぱい並ぶということはありません。よそから仕入れた魚とかは、使わないみたいです。その日、魚島で取れた魚しか使わないみたいです。ですから、本物が味わえるという面では、すごく良いです。ただ、漁師さんが休みとか、海が荒れているとかの場合、期待外れになるかもしれません。
私が行った時は、漁師さんが休みで、港のいけすに入れていたメバルだけでした。
メバルの刺身、メバルの煮付け、メバルの焼き物、メバルの唐揚げでした。


上記は約3年前に魚島の「魚島観光センター」へ宿泊した人のコメントです。
私も数年前に泊まりたいと、電話した事がありました。
ところが途中で切れてしまい、それ以降繋がらなくなりました。
それ以前にも、早春の海が突然荒れて、しょうがなく魚島に宿泊を覚悟。
役場に連絡すると、その時は建設中だと。
最近では数年間の「船釣り禁止」期間も。
それ以降は、私は釣果に恵まれなくなっています。
宿泊して、いろいろ散策したい気もありましたが。
決まる時は、もっとすんなりと行けますね。
きっと、縁の薄い所かな。


  1. 2015/08/17(月) 09:28:09|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

現場





この前、船釣りへ行ってから早くも3週間が経ちました。
途中、お盆などもありその後の片づけもいい加減に。
そろそろ道具の整理と、仕掛け作りの再開です。
2人で行きましたので、仕掛けのロスは約30、オモリは約40個でした。
先糸は普段は5号を巻いていますが、ほとんど海の藻屑へ。
5号の仕掛けを装着するのを考え、リーダーは6号にします。
ラインシステムは自分で考えました。
従来の方法から、自分のやりやすい方法へ。
現場でもしないといけないので、簡単な方法でないと気力が持ちません。
編むのは10cmが理想ですが、どうしても7~8cmとなります。
イメージはゴムのクッションですが、なかなか上手くいきません。
少しだけ思うのが、やはりPE糸との太さの相性もあるよう。
バランスが崩れると、かえって弱くなる気も。
船釣りはまだまだ解らない事も多く、まずは現場で考えましょう。



  1. 2015/08/21(金) 06:45:38|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラッキー





月曜日は釣りに行こうと思っていたけど、小旅行の疲れでフラフラします。
寝ないで、「足摺岬の崖」を降りていたのがウソのよう・・・
もうジジイというのを、正面から自覚せねばなりまへん。
嫌だなあ~!
外は冷たい雨が降っていますが、嫁さんの「伊予鉄高島屋」への買い物へ同行。
ついでに、「フレンド釣具」にも立ち寄ります。
根の魚の仕掛けには、3号ハリスにはアジ針を。
それ以上のハリスでは、太地の針を結んでいます。
丸海津W胴打も好きな針ですが、地元の釣具屋では売り切れに。
ほとんど、私が買占めました。
この針はエビ餌に便利で、11号でもアジ針のように伸ばされません。
素針になってもキラキラ光り、アジも喰って来ます。
現在、手元には11号と13号しかありませんでした。
12号の金針が欲しいな~
そう考えて店内へ入ると、すぐに目指す針が見えて来ます。
やった~!!
あるだけ購入しますが、これが出会いというものかな。



  1. 2015/09/01(火) 08:35:59|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10年先





母港の前に工事船が、何の作業をしているのかな?
少し離れた海岸では、「今治造船」の拡張工事も。
好景気なようで、何年先の受注まで決まっているそう。
外国人ばかりでなく、地元の若者も雇用してほしいものですな。
そういえば、甥の就職先も「渦潮電機」に決まったとか。
波方向いて走っていると見えてくる、未来的な建物の会社ですね。
今治造船の子会社も、最近ご縁があるようです。
ところで母港。
ここに何が出来れば、釣り的には良いかな~
今治港の白波止、菊本岸壁・・・
釣りにも興味が薄れていますが、やはり気になるところ。
今立っている個所も、30年前は海だった。
プリマハムの工場が出来るまでは、泳ぎに来ていました。
その工場も、とっくに廃業しています。
アサリ・バカガイ・ハマグリが獲れる綺麗な海でしたが・・



  1. 2015/09/04(金) 10:21:47|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0





船竿もキャビンにほったらかしにしておくと、リール程ではないけど病んでいくよう。
環境が、かなり過酷なのでしょう。
ほぼ手ぶらで行く事も考え、数本はキャビンに船竿を用意。
けれど、やはり安物なので「帯に短したすきに長し!」。
まあ、予備と考えれば無難かな。
最近はスピニング・リールを使う事が多く、「トリガー付き」の船竿は根の魚用のみ。
「オーシャン・スティック」と「オーシャン・リミット」は根の魚用に使用。
面白いのがオモリ負荷、これが10~50号と幅広いのです。
メーカーも気にせずに使っていますが、使用感は懐かしいグラスロッド。
先調子ですが、大型が掛かるとフニャフニャします。
もう一つ信用は出来ないけど、安売りだと1980円とお得。
これが出る前は「キス物語り」を使用していましたが、7千円は超えていたかな。
互換しているのならば、リールシート部分の交換で、
スピニングも使用可能でしょう。
棚センサーは便利ですが、すぐに固まってしまうのが難点。
まあいろいろと、沖に出て試してみましょう!


  1. 2015/09/08(火) 08:01:56|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

斤海





私の係留地には100隻以上が繋がれていると思いますが、
1割も稼働していません。
きっと、面倒になるのだろうな~
確かに、沖に出ると疲れます。
自分も釣りに行くのは、徐々に減っているし。
これも、「老化」というものでしょうな。
割とよく見かける船長さんは、あまり沖には出ないよう。
繋いでいる場所は離れているけど、いつの間にか顔見知りになりました。
主に投網、カニ・海老カゴ、秋の太刀魚などか。
仕事も引退しているようで、活動は午前中が多いようです。
近場はそんなに知らないな・・・
それでも陸っぱりと比べると、選択肢がかなりあるような。
そんなに、魚が多く欲しい訳でも今はなし。
弟子入りして、いろいろ教えて貰いましょうかね。



  1. 2015/09/23(水) 09:39:43|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

工夫





釣りのエサの確保を自分でしようか・・・
「海エビ」はなかなか難しそう。
それでも調べると、いろいろ方法もあるようです。
感心したのは、自作の海老籠作り。
2Lのペットボトルの先の部分を切り、ひっくり返すだけ。
中に小石と餌を入れ、周りをホッチキスで止めます。
ロープに繋げば完成、費用はほとんどかかりません。
工夫すれば、アナゴ・ウナギなどにも使えそうだなあ~
口部分での工作もアリかな。
本体にもたくさん穴を開けた方が良さそうですが、簡単な方法は?
パンチで良いか。
海での使用が理想ですが、漁師とトラブルもごめんです。
まずは、川エビ獲りから始めましょうかね。


  1. 2015/09/24(木) 09:09:31|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2





雨が止んだら、お別れなのね~♪
朝岡雪路さんの歌ですが、これが解る人は50代以上かな。
雨が続くと、つい口ずさみます。
後は「雨の御堂筋」、欧陽菲菲は恰好良かったな~。
しかし、一番の思い出は「9月の雨」でしょう。
太田裕美を聞くと、今でも東京の予備校時代を思い出します。
かなり乾いた時間でした。

雨が止むと「川エビ」を獲りに行こうと、魚網を買いました。
100均だからかなりチャチな物ですが、数回もてば良いかも。
しかし、躊躇っている自分もいます。
この歳で、こんな網を持ってウロウロ出来るかな・・・
近所の人は、割と目ざといものですね。
夕方に散歩しているだけで、「徘徊?」とも言われました。
おっさん、狂ったか!
下着泥棒?
気にしすぎかな~!



  1. 2015/09/25(金) 08:46:08|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカ






JODY号Ⅱは2重ゾコになっており、浸水(アカ)が溜まります。
ビルジポンプが付いていないので、石油ポンプでくみ出しています。
バケツに7~8杯は出るかな、かなりの労力が必要。
ビルジポンプは新艇の際、取り付けるつもりでした。
もう熟年なので、JODY号Ⅲはないでしょう。
バケツにくみ出すと腰が痛くなるので、一工夫してみました。
パイプで延長して、直接船外へ放出する計画。
上手くいくかな?
昨日、実際に試してみる事に。
ふむふむ、やはりな~
吸い上げ部分の力が足りないか、予想通りです。
では、どうする?
むむ~
電動式の石油ポンプでは、数センチ下にアカが残ってしまいます。
自分でビルジポンプの取り付けも考えるけど、かなりの不器用は自負。
やはり、ピコピコしかないでしょうな。



  1. 2015/10/02(金) 09:33:46|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オカズ





今年は9月から、数回「太刀魚釣り」に出ますが、全然ダメです。
今治造船の、工事の影響かなあ~?
釣り船も少なく、わずか数隻ほど。
釣れ始めると仕事帰りにわんさか出ていますが、今年はあまり見ません。
そういえば、昔はこの時期イイダコが釣れたものです。
西条沖から東予沖・河原津まで、まずボウズはありませんでした。
これも近年、ほとんど狙う船はなくなりました。
太刀魚も遠目に見ると、皆は住友鉱山沖まで行っているよう。
新居浜沖でないと釣れなくなるの。
寂しい現実ですが、そうなると私も遠征するのでしょう。
港を出たところでの、気軽いオカズ釣り!
そういうのがこの釣りの良さですが、環境は変わるもの。
人間が合わさねばなりません。



  1. 2015/10/07(水) 08:26:32|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何時?





春先に結構結んだサビキとカブラでしたが、
ほとんど使用しないまま終わっています。
ひょっとしたら、今年はもう出番がないやも知れません。
景色が好きでよく行っていた夏場の「沖の瀬」も全然、
平市島の磯周りで使用しただけです。
ハリスや針の号数別に分けていたつもりが、
いつの間にか一緒になっています。
優柔不断な性格は変わらんな~
昔からハリスの号数は刻むのが好きで、1,5号や2,5号をよく使用。
それがさらに1,75号や2,25号が登場。
こうなると、作り置きの仕掛けは訳が解りません。
サビキなどはほとんどの釣り場では、1,5号のハリスで良いはず。
それが食いが悪いと、ついつい1,25号に落としてしまいます。
ごちゃごちゃになった針も、おおまかに3つに分けましょうか。
何時、使うのだろうな~?



  1. 2015/10/20(火) 09:27:14|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

始動






久しぶりに母港へ行き、エンジンを始動しました。
2,3日雨が続いたからな~
母港は小さい河口になるので、こういう時かなり塩分濃度が低下。
少し口に含んでみると、そんなに塩気は感じません。
橋から下の船は、満潮の時は橋が邪魔で通れんけど、こういう恩恵もあり。
船底にも、藻はついてもカキはつきません。
10分ほど始動させたけど、かなり水洗い出来たでしょう。
明日は太刀魚の時間へ帰れるかな・・・
嫁と長女は高知の貸衣装へ、私は運転手です。
提携している、結婚式場の衣装を見たいそうです。
俺は、高校野球もあるのだが~
アオリイカも行きたいな~
こうして親子で動くのも後僅かか、高知の釣具屋へ行くのも悪くないかも。
「掘り出し物」を見つければ!
まあ、自分なりに楽しみましょう。


  1. 2015/11/22(日) 08:35:57|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

給油





ガソリンスタンドが、どんどん減っている。
すぐ近所にあった2軒も閉め、もう1軒はセルフになった。
セルフのスタンドでは、自分での携帯缶への給油は禁止、
お店の人が入れてくれるスタンドはまれだ。
それでも母港までのルートでは、スタッフ給油の店が残っている。
当然つき合いは、ほとんど無い。
面倒だな~
最近、自分の船を出していないな~
そろそろ、「越冬キス」を狙いに行こうか!
船を持つきっかけは、大魚を狙うのではなく、そういう事だったかも。
年を明けて成人式頃、横島では釣れていたような。
他船を避けて、九十九島の方が多かったか。
まずはお付き合いをする、スタンド探しですな。


  1. 2015/12/09(水) 08:34:54|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寿司屋





船のエンジンをかけに行くと、大きいボラが群泳。
小さい河口に、びっしり泳いでいます。
ボラ好きな人は、たまらんだろな~
もうそろそろ、寒ボラかも、美味しくなりそう。
昔、行商のおばちゃんが来ていた頃、よく買っていたもの。
嫌いではないけど、いつの間にか食べなくたったな。
チヌ釣りをしているとよくゲストになったけど、
あまり有難くなかった。
沖が荒れると、魚が結構入ってきます。
ボラやチヌは手前まで来るけど、スズキは船の下を遊泳。
アジ・サバ・コノシロなどの群れも。
僚船で投網を投げる船は、鱗で真っ白に。
あんなに、大量の魚をどうするの?
コノシロの酢シメなどは好きだけど、やはり寿司屋のが美味しいかも。
シメサバなども酒の肴に予約を。
そういう町の寿司屋も少なくなりました。



  1. 2015/12/19(土) 11:29:16|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道具





「もう、この道具を片づけてよ!」
「うん!」
嫁さんが、凄い勢いで年末掃除をしている。
釣り道具を目の敵にされたが、箱から出してみてビックリ。
どうして、同じ物を買っているんだ!
カブラ針など、小さい釣具屋ほど出てきた。
自分のパターンとしてはカブラ仕掛けは5本針、飛ばしにも使えるように。
基本は白と緑、気分によって赤・黄色・オレンジなども。
青色はめったに使わないが、これが10数袋出て来た。
何かで足りないと思ったのかな・・・
高価な針だが、ひょっとしたら高知で買った物かも。
7号や8号針は、高知ではあまり使わないようだ。
サルカンもいろんな種類が山のように、何処かで枯渇感があったのだろう。
どれも今のペースでは使いきれない量、
釣りにも行かないとね。



  1. 2015/12/23(水) 09:58:03|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中間検査






船の「中間検査」の申請書が送られてきた。
あれから3年が過ぎたんだ・・・
前回の検査官はいかにも小役人、あら捜しばかり。
その前の人は、エンジンが掛かるのを確認すると、後は世間話だったな。
一昨年、エンジンを交換して補機も取り付けたが、
その船舶検査は出来ているのか?
船の違反は、最低でも罰金は30万円とか!
船に行って確認せねばいけないけど、まだ7月まであるので次でいいだろう。
マスト灯も高くして下さい!
それも言われたが、そうすると満潮時の橋の下を通りにくい。
細かく説明する気になれない人だった。
救命具もファスナーが動かないと駄目で、通販で4~5個購入。
それも、箱に入れたままキャビンに積んでいる。
錆びてないと良いのだが~
ややこしい制度だね。
(写真、以前のエンジン、四坂島にて)


  1. 2016/01/14(木) 13:52:44|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏





今回の船舶検査は、どうも気が重い。

何の為の検査なのかな~?

実際に動いている船に来てあれこれ文句言うよりは、

港でひっくり返っている船を何とかするべきなのでは。

車の車検でも、かなり安くなってきている。

検査料も、有効利用されているのだろうか?

そういえば、前回の検査の時も、スタッフのマキさんの産休だった。

私の住む市は、検査が水曜日と決まっている。

なかなか、仕事を中断しては難かしい。

彼女が産休明けに、検査を受ける事になるだろう。

初夏かな?



  1. 2016/02/05(金) 16:59:31|
  2. 船関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ